月別アーカイブ: 2017年11月

お金を借りることに対するイメージ

消費者金融に対するイメージは正直なところ「返済が厳しく、なかなか返済が終わらない」と言うイメージです。

逆に銀行のカードローンは審査に厳しそうなイメージがあります。<参考サイト・・・銀行でお金を借りる方法※あなたに適した銀行カードローンの選び方

利息は複利で雪だるま式に増えて行き、軽い気持ちでお金を借りようものなら、後に利息の返済でとても苦しい思いをすると聞いたことも。

実際に15年ぐらい前に友人が消費者金融をしょっちゅう利用していて、返済に困っているのを見たことがあります。

なるべくなら(余程大きな買い物をしない限り)「お金は借りない方が良い」と言う風に思っています。

そして、お金を借りるのは一定の収入もしくは後々まとまったお金の入ってくる返済のあてのある方に限ると言う意識もあります。

ですので「生活費の為にお金を消費者金融で借りる」なんてもっての他だと思っています。

ただ、借りやすいというか、審査的には優しいんじゃないかなとも思っています。多少の借金のある方だったら別に借りられるような感じですね。借りれる金融っていうイメージもあるのです。

また、銀行に対するイメージは「まとまったお金を一定期間預けている割には利息が少なすぎる」と言うものです。ハイリスクは無い代わりにハイリターンも無い。

多少のリスクはあったとしても株主優待もある株でお金に働いて貰った方が良いのかなと言う思いはあります。

消費者金融のイメージとしては、以上のことから決して「庶民の味方」ではないと言うこと、「一度借りてしまったら泥沼にはまる」と言うイメージしか正直ありません(あと、ドラマでやっていた『闇金 ウシジマくん』のイメージも強いです)

電車の広告などで過払い返還請求手続きに関する法律事務所の広告を見る度に「お金は絶対に借りてはいけない」と思う小市民の私なのでした。

小市民だからこそ借りるのが怖くなって、最終帝に大変なことにならなくてすんでいるので今のところこれはこれでいいんだと思いますけどね。

改善借金で大変だった友人がいるといいましたが、その友人は今はどこで何しているのかわからない状態ですから。